キャッチコピーが上手になる4つのポイントとは?

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, インフォメーションマーケティングについて, ブログ

 

みなさん こんにちは

therapistトータルコンサルティング  代表 山口拓也です。

 

みなさんは、キャッチコピーの天才になるために知っておくべきことが何だと思いますか?

 

キャッチコピーの天才になれば、広告費などの費用対効果は天と地ほどの差が出るんですよね。

 

私も勉強しつつキャッチコピーの能力を上げております。

能力を上げるために必要な4つのコンセプトを学んでいって下さい。

 

【キャッチコピーの達人になるための4つのコンセプト】

1:ウォンツ(必需品、欲求により欲しいもの)とニーズ(必要なもの)の違い

2:特徴と利点の違い

3:商品とUSPを確率する方法

4:USPの伝え方

 

以上の4つが非常に重要となってきます。

みなさんは、理解することができますか?

まずは、1番目のコンセプトからお伝えしていきますね。

 

 

【ウォンツとニーズの違いについて】

ニーズとは、必要なものです。

例えば、水、食べ物、家、衣服、商売道具などですね。

それ以外に購入するものは全て、ウォンツとなります。

 

ニーズに関連するものでも、ウォンツで購入することもあります。

カッコイイ服が着たい、美味しい中華が食べたいなど・・・

上記は、ウォンツに基づいて購入していますね。

 

私たちが扱う商品は、「ウォンツ」に基づいたビジネスをしているということを認識したほうがいいです。

 

もしあなたが、灯油だったり水などの消耗品であればニーズだから関係ないです。

 

ただ、違いますよね。

 

そのためには、「感情を刺激する」という要素を含ませることが最も重要と言われています。

 

顧客の「感情を刺激する」ことが最も重要なのですが、どんな感情がいいというわけではありません。

商品を買ってもらうために必要な感情です。

 

そのために、自分達の商品の複数の利点を訴えるキャッチコピーを提示することが必要です。

 

 

【特徴とベネフィットの違い】

あなたの商品の特徴とベネフィットの違いを説明することができますか?

例えば、内臓治療を特徴とベネフィットで分けて説明してみますね。

 

【内臓治療の特徴とベネフィット】

特徴:内臓の周波数を調整する  ベネフィット:自律神経の改善

特徴:内臓治療はソフトタッチ  ベネフィット:負担が少ない

特徴:血液・リンパなどの体液の循環に対するアプローチ  ベネフィット:体質改善になる

 

ベネフィットは、あげれば山ほどでてきますね。

ベネフィットは、ちなみにもっと深めることができる。

コアベネフィットと言うんですが、ベネフィットのさらなるベネフィットですね。

 

そして、このベネフィットと顧客の感情を一致させる。

ペルソナは、何を手に入れたいのか?欲求に対してどんな感情を持ってるのか?

自分達の商品がペルソナに響くベネフィットや欲求をどんどん上げていきましょう。

 

 

あなたの商品が、顧客が奥深くに抱えている強い感情をどのように満足させることができるかが分かれば、強力なコピーを作り出せることが可能です。

 

 

【商品のUSPを確率するには?】

まず、USPとは「独自の売り」、「独自の売りの提案」というマーケティング用語ですね。

自分達の商品の特徴や売り、品質などは全てUSPになりますね。

そして、このUSPには3つ基準があります。

 

1:広告は顧客に対して何か提案しなければいけない:提案が重要であるということ

2:競合が提案していないものであること

3:その提案は、多くの人が動かす力があること

 

 

分かりましたでしょうか?

一応分からなかった人のために、例をあげておきますね。

 

例えば・・・・

「100人乗っても大丈夫‼︎」

「お、値段以上」ニトリ

 

これらは、USPですね。

 

このUSPがあるからこそ、企業は成功しているんですね。

 

【下記を参考にしてみましょう】

・より迅速なサービス

・より安い価格

・より高い品質

・利便性

・個々の顧客に対応したサービス

・より高い保証

 

あなたのUSPは見つかりましたか?

しかし、USPを1度見つけても定期的に見直す必要もあります。

 

なぜかというと、そのUSPを競合各社がいずれ真似するようになる可能性が高い。

どれだけ、考え抜いたUSPを作っても差別化ができなければ効果は長続きしないです。

 

だからこそ、現状を維持する努力だけでは不十分です。

商品に独自の工夫を加えて、常に新しさを出すべきですよ。

 

 

役に立って単純なコンセプトのUSP作りを目指しましょう。

 

 

【USPを伝えるには・・・?】

効果的な販売戦略には、次の4つの要素が必ず含まれています。

1:ビックアイデア

2:ビッグな約束

3:具体的な主張

4:主張の根拠

 

上記の4つの要素を含んで伝えていくべきです。

 

 

1ビックアイデア

これは、USPではなく販売戦略です。

広告の見出しは、必ずビックアイデアが必要です。

衝撃的なビックアイデアを考えてみましょう。

 

 

2ビッグな約束

自分達の商品が大きな約束事でなければいけません。

お客さんの人生をどのように向上させるかをしっかり考えましょう。

 

3具体的な主張

曖昧な主張では、伝わりません。

しっかり具体性を加えて主張していってください。

 

4主張の根拠

根拠がなければ、何も始まりませんからね。

しっかり、根拠を打ち出していきましょう。

 

 

本日の記事は、以上となります。

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

 

 

therapistトータルコンサルティング  代表 山口拓也

(この記事をシェアして頂けると幸いです↓)

 

 

メルマガ登録はこちらから↓

ライン@登録はこちらから↓