セラピストが成功するためのコピーを書く簡単な9つのコツとは?

Posted on Posted in インフォメーションマーケティングについて, ブログ, 経営について

セラピストが成功するためのコピーを書く簡単な9つのコツとは?

 

皆さん こんにちは

therapistトータルコンサルティング  代表 山口拓也です‼︎

 

本日は、意欲的なセラピストさんに向けて

セラピストが成功するためのコピーを書く簡単な9つのコツとは

についてお伝えしていこうと思います。

 

 

突然ですが

皆さんは、コピーを書く練習をしていますでしょうか?

 

一流のコピーライターの文章に触れると、

読み手の頭の中には興奮をそそるような絵が浮かびますよね。

 

そのように

コピーのレベルを上げれば、あげるほど

事業の成功に1歩近づきますよね。

 

というわけで、売れるコピーを書くための簡単なコツをお伝えしていこうと思います‼︎

 

①読みやすさを重視する

セールスレターを手にした人は、内容にざっと目を通すところから始めます。

読み手の注意を惹きつけるためには、コピーを面白く、同時に読みやすくしなければいけません。

 

・段落を短く切る

・複雑な構文を使わない

・商品の主な特徴とメリットをまとめ読みやすくする

・ポイントを違う言い回しで繰り返す

・ストーリーを伝えるような小見出しを用いて読み手を導く

 

②メッセージを伝える画像を使う

画像を使うときは、メッセージを伝える画像を使いましょう‼︎

 

③魔法の言葉、お客様の声を使う

魔法の言葉とは、「無料」や「最新」という言葉です。

商品の特徴よりもメリットを強調しましょう。

 

あとは、お客様の声を使って強調させていきましょう‼︎

 

 

④ユニークな切り口を提示しましょう

特にヘッドラインは、受け手の注意を引き、強く訴えをかける「フック」が必要です‼︎

セールスレター全体を強調したい点を切り口にしましょう。

切り口の後の文章とつじつまが合わなければ、セールスレターとしてまとまりがなくなります。

 

 

⑤ストーリーを語る

長文のセールスレターにするべきですが、長くて単調なセールスレターは

全く無駄になる可能性があります。

 

セールスレターを成功させるには、何より最後まで読み手に

面白いと思ってもらうことです。

 

そして、なぜあなたがその商品が価値があって

どんな経験をしてどんな想いで紹介しているのかを

情熱的に分かりやすく書くべきです。

 

ぜひ、過去の経験なども遡ってみてください。

 

 

⑥次の展開が気になる工夫をすべきです。

作成する際には、先を読み進めずには入られない。そんなセールスレターを書きましょう‼︎

好奇心のくすぐり方はいろいろあります。

 

副題を連続させるだけで、ストーリーを読みやすくしたり

「●●を達成した理由を次のペー医で説明したい。でもその前に、背景となる情報を伝えておきましょう」など・・

 

途中で離脱させない工夫が必要です‼︎

 

⑦コール・トウ・アクション(CTA)を明確にする

セールスレターで、このCTAが無いと反応率は格段に下がる。

しっかり、お客さんにしてほしいアクションを伝えておきましょう‼︎

 

⑧1人の読み手に向けたメッセージにする

一流のコピーライターは、いつも1人の相手に対してコピーを書きます‼︎

あなたの商品を買うのは、集団ではありません。

個人ですから、その1人に対してセールスレターを書いていきましょう‼︎

 

⑨プロのコピーライターやデザイナーに委託する

始めは、コピーを書こうとしても無理だと思います。

私も、セミナーの紹介を書くとき

初めての時なんかは意味不明でしたから・・・

その業界を知っているプロに任せるのも

1つのポイントですね。

 

一方

セールスレターの見た目も重要な観点です‼︎

見た目が美しいからこそ。最後まで読もうと思いますよね。

ぜひ、デザインにも注意していきましょう。

 

 

以上が

コピーを書くための9つのコツになります‼︎

 

最後までお読み頂きありがとうございました‼︎

本日は以上となります。

(この記事をシェアして頂けると幸いです↓)

 

メルマガ登録はこちらから↓

ライン@登録はこちらから↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう