自分の事業を成功させたいのであれば3C分析をしよう

Posted on Posted in ブログ, 経営について

皆さん こんにちは

therapistトータルコンサルティング  代表 山口拓也です。

 

本日もセラピストのみなさんが、事業を成功させるための

マーケティングについての知識をお伝えしていこうと思います。

 

みなさんは、3C分析という言葉を知っていますか?

 

3C分析をしっかり行うことで

自分の事業のマーケティング環境をしっかり把握することができます。

 

皆さんが素晴らしい事業を立ち上げて

良い新商品を作ってうまく差別化をしようと思ったら

この3C分析は欠かせません。

 

では、3C分析とは何か?から解説していこうと思います。

 

【3C分析について】

3Cとは、①市場・顧客(Customer) ②競合(Competitor) ③自社(Company)

上記3つの頭文字をとって3Cです。

 

上記の①〜③について、分析をすることで

漏れなくマーケティング環境を把握することができます。

 

では、3つの分析は何をすればいいのか?

そこが分からないと分析できませんよね。

 

①市場・顧客の分析

・業界の市場規模

・市場の成長性

・顧客ニーズ

・顧客の消費行動、購買行動

 

②競合環境

・競合の現状シェア・推移

・競合の特徴(マーケティング戦略含め)

・競合の業界ポジション

・自社が注意すべき競合企業(商品などが似ている、ペルソナが似ている)

 

③自社環境

・ビジョン、理念

・自社の強み、弱み、特徴

・事業、製品の現状、売り上げ、戦略、商品ラインナップ

 

 

3C分析は、業界環境整理に非常に有効なフレームワークです。

3C分析のコツは、「事実」を集めます。

そのあとの、解釈はSWOT分析を行います。

 

事業をうまく行くためには、3C分析の情報量を

どれだけ多く持っているかが重要となっていきます。

 

ちなみにですが、

BtoBマーケティングの場合は

顧客業界の3C分析と自社業界の3C分析で

6C分析が必要と言われています。

 

是非みなさんも3C分析を行ってみてください。

 

次回は、SWOT分析の話をさせて頂きます。

 

therapistトータルコンサルティング 代表 山口拓也

 

 

 

メルマガ登録はこちらから↓

ライン@登録はこちらから↓