セラピストが10年インフォビジネスを続けるためには・・・?

Posted on Posted in インフォメーションマーケティングについて, ブログ, 経営について

本日は、セラピストが10年インフォビジネスを続けるためには・・・?

というテーマでお話しさせて頂きます。

 

セラピストトータルコンサルティング  代表の山口拓也です。

私自身、この記事を書いている時はインフォビジネスを初めてもうすぐ2年となります。

 

正直あっという間でしたね。

今後も一生やっていきたいと思ってます。

 

さて、みなさんはどんな事業をしているでしょうか?

インフォビジネスをしているでしょうか?

 

ダンケネディーも言ってますが、どんな事業も「インフォビジネスに関わるべきだ」と言ってますが

その通りだと思います。

 

しかし・・・

インフォビジネスをしている人は年々山のように増えております。

 

数が増えること自体は非常に良いことだと思います。

学ぶ場所が増えて、セラピストや一般の人が成長できる機会が増えるのですから。

 

ですが、それだけ競争も激しくなるということです。

このような状態が今後さらに加速すれば、セミナー事業でいえば

食べていける講師、いけない講師という二極化が進むことは間違いありません。

 

インフォビジネスでしっかり残っていくためには、セミナー講師自信が、一生事業主として、様々な視点で学び

、新しいビジネスモデルを考えることが大切なんです。

 

ここでいうビジネスモデルが、「収益を上げ続ける仕組み」のことだと考えましょう。

もちろん、収益を上げても提供する情報がダメだったら詐欺になりますから注意しましょう。

 

インフォビジネスの収益を上げ続ける仕組みは、良い情報商品を提供するのも大事です。

また、商品のファンになってもらうことも必要です。

 

ビジネスの安定は、60%の売り上げがファンだと非常に安定します。

 

ファン作りに必要な事は山ほど出てきますよね。

 

 

 

それだけ、努力も必要なビジネスだという事ですね。

もしあなたがセミナー講師というインフォビジネスをやりたい場合は、様々なビジネスモデルがあるので紹介していきますね。

 

①コンサルタントモデル

コンサルタントモデルは、、個別相談やコンサルティングなどですね、受講生の課題や悩みを解決するモデルです、

セミナー講師の中でも結果が出しやすいビジネスモデルだと言われています。

 

②講師エージェントモデル

このモデルは、講師自ら集客や営業をほとんどせずに

セミナができるモデルです。

エージェントに講師登録をして自分の代わりに営業をしてもらいます。

 

このビジネスモデルのメリットは、営業や集客をしなくてすむうえ、宿泊先や電車のチケットの予約手続きまで代行してもらえるので、時間や労力が節約できる点です。

 

デメリットは、講師フィーの一部を仲介料として引かれる事ですね。

さらに好きなことができるわけではないというデメリットもあります。

 

③顧客プロデュースモデル

このモデルは、商品を買ってもらう前に、その商品の活用の仕方、楽しみ方を教え、顧客の成功に貢献するモデルです。

例えば、お茶の葉を販売している会社が「お茶の淹れ方セミナー」などで自社商品のファンを増やしたり

整体院の人が、「ストレッチボールセミナー」をしてストレッチボールや整体を販売したりと・・・

 

④ジョイントベンチャーモデル

講師同士がお互いの強みを生かして新たな価値を創造する。

お互いのメルマガ登録者などのリストを使って協力する方法ですね。

セミナーでは、ジョイントベンチャーが最も有効だと言えます。

私とジョイントベンチャーをしたい人は声かけてくださいね。

 

 

⑤コミニュティーモデル

コミニティーモデルでは、受講生さんが主体できに参加できる場所を作ります。

セミナー講師だけが、利益をもらう仕組みではなく受講生が主体的に参加できる場所、活躍できる場所をつくることで、コミニティーは発展していきます。

 

⑥オーディオ教材モデル

CD,DVD、会員サイトなどの教材ですね。

しかも、一生残り続けるので

DVDが集客をしてくれるというメリットも出てきますよね‼︎

 

⑦ロイヤルティーモデル

他人でも教えられるように仕組みかし、ロイヤリティー収入を得る。

これはどういうことかという、認定制度を作って、ロイヤリティーで稼ぐモデルですね。

例えば、私がやっているALLアプローチ協会で認定制度を作って

セミナー講師をできるようにしておく。

それで、受講生にも自分達と同じことをしてもらい提供することができる。

 

⑧勉強会主催者モデル

勉強会を主催してセミナー講師をよんでセミナーを開催するモデルですね。

これは、非常にメリットがあります。

利益は少ないですが、主催した自分が学べますからね。

 

ぜひ、ここから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

therapistトータルコンサルティング  代表 山口拓也

(この記事をシェアして頂けると幸いです↓)

 

メルマガ登録はこちらから↓

ライン@登録はこちらから↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう