商品を増やしすぎる際の注意点

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, ブログ, 経営について

 

本日は、皆さんに一つ注意点をお伝えさせて頂きたい思います。

 

コンサルティング代表 山口です。

 

皆さんは、商品を増やすことについてどう思いますか?

この記事を見てくれている皆さんは、自分で事業を始めて

最高の価値がある商品を提供していこうと考えているはずです。

 

私も自分のセミナー作りや整体院での施術

ファスティングなどの商品作りをしてきましたが

一つだけ注意していることがあります。

 

皆さんはこんな経験ありませんか?

自分の買いたい商品を買いに行ったら

種類が山ほどありすぎて困ったこと。

 

私も勉強のためにセミナー探そうとした際に

行きたいセミナーがありすぎて

そのセミナー行くのやめてしまった経験があります。

 

他にも

出張した時に外食しようとしたら

美味しそうなお店が多すぎて

考え疲れてホテル内に戻って食べずに仕事に変えたこともあります。

 

これが皆さんが事業を始めた時に起こり得ることです。

 

商品がありすぎて

悩み疲れて買うのを辞めてしまうという悲しい状況・・・

 

せっかく自信満々の商品作っても

これではダメですね。

 

しかし

商品数が少ないというのもいい事ではありません。

提供できるものが少ないという事ですから。

 

まあ、整体院事業の場合施術するだけならいいかも?しれないですけどね。

 

でも、ファスティング、小顔、コーチングとかあったほうが

お客さんによっては喜びますよ。

 

では商品数を増やすにはどうすればいいのか?

ここで仕組み化をする必要があります。

 

以前のメルマガで

リード、フロントエンド、バックエンドなどの言葉をお伝えしたかもしれませんが

このフロントエンドの商品数を1つにするんです。

 

フロントエンドは、

お試し商品ですから1つ以上はいらないです。

 

もちろん

フロントエンドの種類を増やしてもいいかもしれませんが

複数同時に買える状態はやめておきましょう。

 

 

どれを買っていいか分からなくなります。

新しい市場を開拓するなら良いと思いますが・・・

 

 

バックエンドに商品数を増やしていくのですが

どのタイミングでバックエンドを紹介するのか?

これがうまく仕組み化できていれば

皆さんの事業もうまくいくと思います。

 

ぜひ皆さんも商品数を増やす時は注意して下さい。

 

私も商品を作る時は最高のものを作ります。

そして、価値がわかってくれるか考えてやってますので

 

皆さんの最高の商品も仕組み化できるようにしましょう。

コミニティーのメンバーはいつでもサポートしますので(笑)

LINEやチャットワークでいつでも相談待ってます。

 

本日の記事は以上となります。

 

山口拓也

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう