人数が多すぎる経営塾は開業が失敗する理由

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, ブログ, 経営について

 

今回の記事は、「経営塾」について書かせて頂きます。

コンサル 代表 山口拓也です。

 

開業で上手くいっている人は、ほとんど経営塾に参加していると思います。

6ヶ月で100人集めてやる経営塾や高額な経営塾など色々アリアますよね。

 

私もやっていますが、コミニティーは10数人規模で1年間やっています(笑)

 

もしあなたが独学で開業したいのであれば

まずはコンサルを受けることをおすすめします。

 

独学で成功できる人なんて、一握りですし

遠回り過ぎますよ。

 

やはり近道は、成功している人にコンサルを受けることです。

 

コンサルを受けるとして

どこに経営塾を行こうか悩むと思いますが

人数が多すぎるところは失敗する傾向にあります。

 

でも、個人コンサルが少しでもついていれば

話は違いますけどね(笑)

 

なんで人数が多いと失敗するかというと

途中で辞めても誰も気づかいないんですよ。

 

人数が少ないとコンサルの先生との距離が近いから

気軽に質問できる

途中でやめると人数が少ないから分かるし。

 

人数の少なさが一つプレッシャーになってるんですよね。

それに、少人数だとみんなの前で目標設定をするから

達成できなかったら少し恥ずかしいです(笑)

 

周りが見ているって

良いプレッシャーになり行動が促されるんですよ。

 

なので、私の経営塾は

参加初日に1年間の目標を決めて

みんなの前でどんな目標を達成するのか?伝えてもらいます。

 

もちろん、スカイプ参加の人もしてもらいますけど。

 

 

他にも大人数の経営塾にはデメリットがあり

コンサルの先生に質問できないんですよね。

 

その代わり少人数はいくらでも聞けますよ。

 

少人数の分、参加メンバーで絆も生まれますし。

 

やはり人数は

多くても10人〜30未満がいいのでは?

と思います。

 

後は、経営塾の場合は

経営塾の内容も非常に大事です。

 

せっかく参加したのに

チラシ作りとHP作って終わってしまったなんてならないで下さい。

 

次のマーケティング・仕組み化を学びたい場合は

次のコースへ^^;

なんてセミナーも多いです。

 

大事なのは

仕組み化です。

 

チラシとHPなんて

独学でも作れるし業者に頼めば一発です(笑)

 

マーケティングを習いに行っているのですから

仕組み化や自動化できる状態になって下さい。

 

私のコミニティーでは1年間徹底的にマーケティングをやるので

楽しみにしておいて下さい。

 

山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう