メルマガ読者・ライン@を増やす。たった一つの大事な事とは?

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, インフォメーションマーケティングについて, ブログ, 経営について

 

山口拓也です。

 

インターネットマーケティングをする際に重要なのは、やはりリスト数(メルマガ登録者数やライン@)です。

どれだけ、メルマガ読者を増やせるのか?ライン@の登録数が増やせるのか?

 

これは、SNSの戦略をする際に重要なポイントになってきます。

皆さんも事業を始めたらメルマガやライン@などを取り入れた

教育型の仕組み作りをやっていくと思います。

 

やはり大きな成果を出している人は

メルマガ読者やライン@の友達数はものすごいです(笑)

 

メルマガ登録やライン@の集め方としては、

ブログやフェイスブック、YouTube、インスタ、ツイッター、広告などを利用して

自社のページにアクセスを集めて登録していく流れかと思います。

 

では、どうすれば

効率的に登録を促せるのでしょうか?

ここが上手くいかないとメルマガやライン@の登録者数が増やせず

なかなか上手くいきません。

 

基本的な集め方は以下の通りです↓

 

①メルマガ登録・ライン@登録のランディングページにアクセスを集めまくる(広告やSNSを利用)

②ランディングページを見た人が、登録していく

 

上記の流れが通常だと思います。

 

ここで考えるべきなのは2つで

・アクセス数をどうやって集めるのか?

・どうやって登録する確率を増やせるのか?

上記の2つがクリアできれば、無限に登録者数は増えていきます。

 

まず、アクセス数ですが

ペルソナやターゲットのアクセスを増やさないと

興味を持ってもらえません。

 

広告でアクセスを促す時は

ある程度ターゲッティングできるので

しっかりやりましょう。

 

ちなみに

FB広告がリストを増やす時はオススメですので

自社でコントロールできるようにしておきましょう。

 

コミニティーのメンバーで

分からない人は私に聞いて下さい^ ^

 

無料媒体でメルマガなどを集める時は

情報発信の内容をできる限りペルソナによせて

発信していきましょう。

 

FB・YouTubeがオススメです。

 

どんどん

アクセス数が増えてきたら

今後は「CVR」を意識していきます。

 

コンバージョン率のことですね。

 

アクセスが1000人きたけど

登録者が100人だったら、CVRが10パーセントと低いと判断します。

 

もし登録者数が900人だったら、CVRが90パーセントと素晴らしい反応と言えますね。

 

このCV率をこちらでコントロールすることが

事業を仕組み化する上で重要です。

 

反応率が10パーと90パーであれば

売上も単純計算で9倍違いますからね。

 

では、CVR率を上げるにはどうすればいいか?

答えは・・・

 

・アクセスする人をメルマガ登録したい人にする

・ランディンページの完成度を引き上げる

 

アクセスする人は、自分のメルマガに全く興味ない人だったら

意味ないのでアクセスを集める時は気をつけましょう。

 

ランディングページですが

私が持っているメルマガ登録のランディングページでいうと

これです↓

メルマガ登録ランディングページ

 

上記のリンクは昔に作って

15分くらいしか時間かけてないのでダメなLPです(笑)

広告費かけてないから修正してないだけです(悲)

 

ALLアプローチとかのメルマガ登録ページの方がしっかり作ってますね^ ^

 

ここのランディングページで

ぜひメルマガ登録したいっていうふうなLPを作れると

どんどん読者が増えると思いますので

ぜひ意識してください。

 

山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう