貯金はするべきか?しないべきか? ビジネスを長期的視点で考える

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, ブログ, 経営について

 

山口拓也です。

 

さて、皆さんは夢に向かって毎日行動していますか?

 

仕組み化できていますか?

 

私もせっせと仕組みを作り上げております。

 

今回の記事テーマは、「貯金はすべき?しないべき? ビジネスを長期的視点で考える」というテーマで書かせて頂きます。

 

皆さんは週末開業や本開業したい思っているのであれば、どう思いますか?

 

ちなみに今までの私は、貯金はほとんど意識せずに

自己投資をひたすらしてきました。

 

特に開業してから3年は、投資しまくりましたね。

 

 

開業したら山ほど必要なスキルがありましたから

 

投資するしか選択肢はありませんでした(笑)

 

 

開業して3年以上経ち様々な事業をやってきましたが

これからの私は、長期的な戦略で動いて行こうと思います。

 

売上ももちろん大事ですが、

会社が安定する基盤を少しづつ作っております。

 

月の売上を減らしてでも基盤つくりをしている最中です。

 

例えば、固定費が毎月20万だとして

自動的に売上が100万入ってくる仕組みがあれば

安定しますよね。

 

今はその仕組みをひたすら作り上げております。

 

ただ、この仕組みがないと

ポスティングしなきゃいけなかったり

毎日SNSの投稿などし続けなければいけません。

 

売上を上げるために

たくさんのお客さんに価値あるサービスを

送り続けなければいけません。

 

これってめちゃくちゃしんどいですよね(笑)

 

だからこそ

今は売上を下げてでも

仕組みつくりをひたすらしています。

 

しかし、これを考えるには

ある程度の貯金がないと動けません。

 

売上を下げて

長期的な視点で動いていくので

利益が出ていない人は無理なんです。

 

週末開業であれば

固定給があるので

良いかもしれませんけどね。

 

例えば、6ヶ月分の売上の貯金が貯まったりすると

結構余裕を持って長期的な戦略に動けます。

 

結論、

最初は貯金をせずに自己投資をして

ある程度事業が軌道にのったら

少しづつ長期的な視点に切り替えていきましょう。

 

やはり安定させるには

仕組み化は必ず必要です。

 

ある程度貯金ができると

時間的余裕ができますので

その時間を有効活用しましょう。

 

貯金するときは

半年間分の売上を貯金すべきです。

 

ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう