開業には覚悟と責任が必要

Posted on Posted in ブログ

【覚悟と責任】

最近、受講生のセラピスト
から「開業したい」という言葉を良く聞く。

 

もちろんそれは素晴らしい事で
今の環境に妥協せず
成長意欲の高い先生だと思う。

 

開業したら好きな事を自由にやれるし
自分のミッション・使命を達成できたときは
最高に嬉しいだろう。

 

素晴らしいと思うが同時に
少し心配にもなる。

 

なぜなら
開業前は無知だと言うこと。

 

これから起こる数々の修羅場や乗り越えてくべき壁
がある事を知らないから。

 

だから開業しても殆どの人が辞めてしまう。

 

「会社は学校じゃねぇんだよ」ってドラマがあるんだけどぜひみんなに1度見て欲しい。

 

主人公が会社を辞めて自分で企業して
上場を目指すストーリーなんだけど
さまざまな障壁を乗り越えながら達成していく。

 

他会社に嫌がらせされたり
仲間に裏切られたり
スタッフ引き抜かれたり
仲間が死んでも会社を進めなきゃいけなかったり
お金が10億足りないから仲間ごと他会社に売ったり
商標権に違反してたり

 

山ほど辛い事を経験しながら上場していく
ストーリー。

 

会社を持ってる人であれば
多少なりとは共感できるドラマだと思う。

 

それだけ、
自分で会社・事業を持つっていうことは
これから様々起こる
障壁を乗り越えていかなければならない。

 

代表とスタッフで成長に差ができるのは
当たり前だろう。

 

覚悟と責任が代表とスタッフでは、
天と地ほどの差がある。

 

私でさえ
「自由・楽しい・笑顔」
をコンセプトに仕事をしているにもかかわらず
乗り越える障壁は多い。

 

人材が多い会社のトップは
自分とは比べられないほど
修羅場を体験してきただろう。

 

それだけ苦労しながら
努力を積み重ねなければ
成功する事は難しい。

 

だからこそ
最高に自己成長できるし
成功したら沢山の幸せが手に入る。

 

どれだけ覚悟と責任を持てるかが
成功の鍵となります。

 

私のコミニティーに参加して下さるのであれば

覚悟と責任を持って行動しましょう。

 

コミニティー×オンラインサロン ↓

https://bit.ly/2RUZm9P

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう