仕事を楽しくするための仕事のゲーム化

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, ブログ, 経営について

 

いつもコンサルティング公式メルマガを見て頂いて有難うございます。

 

コンサルティング代表 山口拓也です。

 

本日の記事は、「仕事を楽しくするために仕事のゲーム化」をするって話。

 

これを見ている皆さんは仕事に対してどんなイメージを持っているでしょうか?

 

ちなみに自分は

臨床1年目の時に仕事は

「報酬」をもらうものとして働いていたので

正直全然楽しくありませんでした。

 

家に帰ってはスマホゲームとかもやっていた時期があります。

 

ゲームは楽しいからひたすらやっていました。

今思うと非常に懐かしく感じます。

 

でも今は逆です。

仕事はゲームの何倍も楽しいしやりがいを感じるので

ひたすら仕事をしています。

 

今は、仕事をゲームのような感覚でしているので

楽しくてしょうがないです。

 

しかし、病院などで働いている人をみると

ほとんどのセラピストが楽しくなさそうに仕事をしています。

昔の私で「報酬」だけをもらうために仕事をしているからでしょう。

 

この記事を見ているのであれば

ぜひ仕事もゲームのような感覚で没頭して仕事をして欲しいと思っています。

 

ではどうすれば

ゲームのように没頭して仕事をできるか?

 

■明確な目標をつける

ほとんどのゲームは目標があります。

マリオであれば、クッパを倒してピーチ姫を救ったり

バスケットであればルール上の中で、相手よりポイントを多くとって勝つ

その目標に向かって努力をしてキャラクターを成長させたりスキルを磨いたりします。

 

仕事も同じです。

明確な目標があり達成できたのかのFBがあって

初めて達成感だったり面白さを感じることができます。

 

しかし、ほとんどの人が仕事に対して

明確な目標をつけずルーティーンのように

毎日を過ごしているのが事実です。

 

これを見ているのであれば

ぜひ目標を書き出すことから

やって見てはいかがでしょうか?

 

書くという行為には、現実味と普遍性を持たせる効果があるので

書いたものを定期的に読みかえすことで現実にすることができます。

 

その目標は、人のためではなく

自分のために設定するのも大事です。

 

ポジティブなモチベーションが上がる目標を設定しましょう。

 

個人の目標が会社の目標と重ならないのであれば

転職するのも1つの手かと私は思います。

 

目標をゲームのようにするのであれば

以下のポイントも大事にして下さい。

・期限

・達成できたか分かる明確な目標(数字など用いて 例:ブログを週に4回書くなど)

ここができたかしっかりFBを行いましょう。

 

そして

ゲームであれば勝ち負けがあるので

勝った方が楽しいですよね。

ゲームは勝たなければ意味がありません。

 

仕事も一緒です。

勝った方が100倍嬉しいし楽しです。

 

そのためには

抜かりなく準備をしたり

正確な目標を立てて

日々フィードバックをする。

 

皆さんもやるからには

勝ちましょう。

 

■仕事の自由化

2つ目の仕事をゲーム化するために

より自由な方法でやりたいことを選べるか?

これが大事です。

 

仕事は仕方なくやることで

遊びは好きなようにすることです。

 

仕事もある程度好きなようにできないと

モチベーションは上がりません。

 

実際にALLアプローチ協会の受講生から

「好きなテクニックをやらしてもらえない」

「介護分野の仕事が」

「書類業務の量がすごすぎる」

などなど

 

できないのであれば

下記の3つから選択しなければいけません。

 

仕事の選択を自由にできる職場を選ぶか?

自分で上司に依頼するか?

週末開業や本開業で自分のしたい事をするか?

 

自分のやりたい範囲を決めて

徹底的に仕事をするのがポイントです。

 

本日の記事は以上になります。

ぜひ仕事は楽しみながら没頭していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう