開業に必要な未来を予測する力

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, クライアント, ブログ, 経営について

 

皆さん コンサルティングの公式メルマガをいつも読んで頂き誠に有難うございます。

山口拓也です。

 

最近では、再び1日1冊の課題図書を始めました。

本読むより会社のタスクをしたほうが良いと思っていたのですが

やっぱり本を読むとモチベーションや人生の充実感がアップするので

再度再開しようと思います。

 

本読んで自己成長って楽しいですからね。

後は、時間の戦いなので1冊につき1〜2時間程度で読み終わるようにしております。

 

今回の記事は

「開業に必要な未来を予測する力」

という話をさせて頂きます。

 

開業や企業って言葉を聞いたり

セラピストで会社を持って成功しているって聞いていると

「凄いな」って思いますよね。

 

みなさんもカッコいいなとか思うんじゃないですか?

そう思っている皆さんは正解だと思います。

めちゃくちゃカッコイイです(笑)

 

決してこれは自分が会社を持っているから

言っている訳ではありません。

 

ではなぜカッコイイのか?

それはめちゃくちゃ厳しい世界で戦っているからです。

 

国税庁によれば

法人設立後3年で企業の35%が倒産しています。

そして、法人設立5年後には85%が消えます。

ちなみに10年以上存続している会社は6、3%

20年以上ならば0、3%です。

つまり99、7%の会社が20年間で消滅してしまいます。

 

こんな世界で戦っているのだから

カッコよくて当たり前なんですよ。

 

みんなも開業や企業しているのであれば

相当な覚悟を持ってやるはずですから

カッコ良くて当たり前です。

 

ちなみに20年以上続いた会社が次の10年を生き残れる可能性は10%と言われています。

ほぼほぼ潰れるやんけ(笑)って感じですよね(笑)

 

なぜ私が週末開業をお勧めするのか?

開業するときも「週末で売り上げ100万出してから開業しなさい」って言うのはこんな数字が背景にあるからです。

 

だからこそ

私も仕事では一斉手抜きをせずに努力の積み重ねをしている訳です。

 

サラリーマンでは味わえない感覚ですから毎日刺激的で最高ですよ。

 

そして

起業をしたいのであれば

必要な大事な力が1つあります。

 

それは

「未来を予測する力」です。

 

会社を持っている人は

この先どうなるのかなんとなく予測して

日々のタスクをしています。

 

これが無いと将来的に厳しい状況になる可能性が高いと思います。

 

皆さんは

会社を作るとこれから数多くの障壁にぶつかると思います。

 

・経費の問題

・リピートの問題

・クレーム

・競合の出現

・体力の問題

・スタッフ

・税金関係

などなど

 

だからこそ

自分の資源を未来に行かせる事に注ぐ必要があります。

 

あなたがこれからやるべきことは

「未来に活かせるビジネス・商品・システム」を作ることです。

 

よくやりがちなのは

今売れる商品を作って販売することです。

 

例えば、実は私はHP作成や動画編集などもできるんです。

バナー作成やLP作成などは全部自分でやっているんですよ(笑)

でもあまり本気でやろうと思いません。(これのセミナーつくりとか)

HP作成セミナーとかも自分ではやろうと思いません。

 

これはなぜか?

もちろん、治療や経営の方が好きということもありますが

未来的に活かせないと思っているからです。

 

確かに今作って頑張ってマーケティングすれば

需要があるので売れるかもしれません。

 

ここ数年の売り上げには貢献するでしょう。

受講生も喜ぶでしょう。

 

でも

20年後そのスキルが通用するか?

 

分かりませんが

難しいと思うんですよね。

 

それに比べて

治療スキルなどはそこまで大きく変わらないと思います。

 

だって

今の治療スキルでほとんどの患者さんは満足していますし

実際に変化も絶大ですから普遍的でしょう。

 

他にも広告だって

今後は規制がかかるかもしれませんよね。

 

だったら

広告を使いながら

将来的に活用できそうな無料媒体に力をそそいでおいたり

未来につながる行動・システム作り・教育をひたすら行っていきます。

 

もちろん

自分のサービスを強化するのだって

未来の自分を助けます。

 

ライバルは山ほど増えるのですから

本物のサービスを提供しているところしか

生き残れないと思います。

 

大手企業のアマゾンだって

設立当初からものすごい赤字だったどうです。

ものすごいクオリティのサービスで商品の評価を集めるのに何年もかけて

少しづつ黒字化させて今では誰も真似できない最強のビジネスモデルになってます。

 

これは

将来的に赤字をきってでも生き残れるサービスを構築しようとしたからですよね。

未来予測の力です。

 

私も自慢できるほどではありませんが

何となく未来を予想しています。

 

正直、私の唯一の取り柄なんじゃ無いかなとも思っています。

将棋が私めちゃくちゃ得意なんですけど

将棋って5手先、10手先を数パターンで予測してから

次の1手を打たなきゃいけないんですよ。

 

だから

これからの事を予測する力に長けているので

今何をすべきか?逆に何をしなきゃ潰れるのか?

自分の理想を達成するためにはどんな事業をすれば?

などは何となくイメージがついています。

 

赤字でもいいから

未来で生き残れる戦略を構築して毎日行動して下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう