会社を持つことは試練の連続

Posted on Posted in therapistトータルコンサルティング とは?, ブログ, 経営について

 

いつもコンサルティングのブログを見て頂いて有難うございます。

山口拓也です。

 

本日もブログを書いていこうと思うのですが

元作業療法士の私が会社を法人にして思った事をブログにして書いていきたいと思います。

 

これを見ている皆さんは

セラピストで今後週末開業や起業をしたいと思っている人が多いと思います。

 

今後、開業して

自分のお店を持って試行錯誤しながら

素晴らしいお客さんを集めて

自分のやりたいように仕事をしたいと思っている人は多いんじゃないでしょうか?

 

そんなみなさんに

私が開業してからいろんな試練と壁にぶつかってきたので

そんな話をブログにさせて頂こうと思います。

 

決して楽しい事だけではないんですよ(笑)

 

【社長になった瞬間から戦いが始まった】

もともと私は、自分で会社を持とうなんて1ミリも思いませんでした。

週末開業で「楽しくやれてればいいや」というような考え方で

自由気ままに仕事をするのが理想でした。

 

だって

社長になって会社の規模が増えれば増えるほど

ストレスがかかるし責任感も増えて

遊びたくても遊べない状況になるのは分かっているじゃないですか。

 

しかし

週末開業するとあっという間にお客さんは集まり

利益で100万以上達成して病院勤務に労力が回せない状況になりました。

整体院と病院では、圧倒的に整体院の方が楽しかったので

病院を辞めて整体院に全精力を注いで

整体院のファンが増えたらセミナー事業を始めました。

 

そこからは

絶対に最高の協会にするって信念を持って

これまで働いてきました。

 

そのおかげで

「仲間になりたいです」って受講生や

僕の誕生日をサプライズで祝ってくれる素敵な受講生立っています。

 

しかし

その分たくさんの試練も味わっています。

 

整体院の売り上げを維持しながら

セミナー事業をするために

睡眠時間を3時間まで削って死ぬ気で仕事をしたり

 

仲間が辞める時の膨大な後処理をしたり

スタッフが減るのに免疫がないから少し落ち込んだりと

色々な苦労があります。(会社だからスタッフは辞めるのは当たり前なんですけどね(笑))

 

開業すると自己成長できて

幸せな事や素敵なことは山ほどありますが

その数倍社長は苦労や試練を乗り越えているんです。

 

【未来の考え方】

会社を作った当初は

その時来た患者さんをどうすれば幸せにできるのか?

どうすれば自分のサービスが良いものとわかってもらえるのだろう?

などその時にフォーカスしていました。

 

しかし

いろんな社長さんなどにあって感じるのは

成功している人は未来を見据えて毎日の仕事をしているということです。

 

どこまで先を見ているかというと

20年・30年先まで意識して事業計画書を作成しているんです。

 

社長のすることは

会社を倒産させずにミッションやビジョンを叶えることです。

 

そして会社を倒産しないためには

どれだけ長期的に考えて今の仕事をこなしていくかだと思います。

 

【会社にスタッフを雇うなら】

私もセミナー事業でスタッフを雇ってその方が成長するように

時間とお金を使って努力して成長させてもらうのですが

辞めてしまうと結構ショックです。

 

実は、私の会社でも何人か辞めている人もいます。

正直、「マジか」って思いましたよ(笑)

しかし、会社なのですから当たり前です。

「人材の流出は会社の新陳代謝」と捉えるようにすべきです。

 

だからこそ

私の会社は辞める時でも気持ちよく辞めれるように意識をして

仕事をスタッフに振ってます。

 

皆さんも会社にスタッフを雇うなら気をつけましょうね。

 

【心身を鍛える】

会社を持つとサラリーマン時代に比べられないほどのストレスが

かかってきます。

だからこそ、社長は瞑想などをしているのですが

最初は死ぬほど行動することにフォーカスしているので

なかなか行えません。

 

だからこそ

心身を鍛える趣味を持っています。

 

例えば

ジムに行って筋トレを趣味にしていたり

料理教室で料理をして気分転換をして自分の食事にも気をつけたりしてます。

 

私も心身を鍛えることも踏まえて

ビリヤードと旅行を趣味にしてます。

 

ビリヤードは集中力も上がるし

力加減コントロールの練習にもなるからいいですよ。

単純に最高に楽しいです。

 

旅行は、山や海など

自然に囲まれて自分の自然治癒力をあげる目的でも行ってます。

 

自分の趣味で心身を鍛えるというのも

社長に必要な要素の1つです。

 

【社長は一生勉強】

会社を持つと20年・30年と自分の会社を安定させて仕組みを作り

ミッション。ビジョンを達成していくのですが社長が勉強しないと

ほとんどの会社は潰れてしまいます。

 

だから社長は

どんなに忙しくても仕事の時間を調整して

勉強の時間を確保して本を読んだりセミナーに行ってます。

 

私だって

1日1冊読んでブログやユーチューブで

インプットとアウトプットも繰り返しつつ

そのほかの仕事もこなしています。

 

どれだけ勉強できるかも大事なポイントです。

 

【最後に】

会社を持つと最高に成長しますが

たくさんの試練が待ちかねています。

私のコミニティーの受講生も日々努力を積み重ねてますので皆さんも頑張って下さい。

 

山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう